介護サービス

ケアマネジメント(居宅介護支援事業)

 ご利用者の心身の状況等に応じて、自宅において日常生活が送れるようサポートします。ご利用者やそのご家族に対して、必要な情報の提供、介護保険でサービスを受けるための居宅介護サービス計画の作成、主治医等との連携、サービス事業者との連絡調整等を適切に行います。

 介護保険を活用するためのサービス計画は、ご利用者とご家族の求めに応じ作成し、適切なサービスを提供できる者を選定し、ご紹介します。

 ご利用者とご家族の思いに寄り添った適切なサービスの提供のために、関係市町村、地域のサービス提供事業者との綿密な連携をはかり、総合的なサービスの提供に努めます。

ディサービス(通所介護事業)

お食事イメージ

生活空間の中で、ゆったりと楽しくそして寄り添い、安心の場の提供と、新たな創造の物作りを通して『健康と生きがいづくり』を提供します。

  民家を活用したアットホームなデイサービス。
    夕食サービス
     (介護家族の方に、在宅介護の継続を目的に、レスパイトケアとして提供)
    地域交流 アート塾や元気塾に参加
    家族支援 定期的に家族交流会 毎年1泊2日の旅行も実施。

緊急お泊まりサービス

                緊急お泊まりサービスは、介護保険事業にいう               

                お泊まりサービスとして再スタートしました。

                 

                 ご家族の緊急なご要望にお応えできるよう

    

                心がけています。

                 

                具体的なサービス内容は、担当者と直接お話し頂き、

 

                可能な限りの対応をご準備いたします。

訪問看護

ご入浴イメージ

 訪問看護は、ご利用者が要介護状態になられたり、介護予防が必要な状態となられた場合にも、可能な限りご自宅で、日常生活を送っていただけるよ配慮し、自宅での療養をサポートし、心身の機能の維持・回復を図るものです。
 ご利用者の要介護状態の軽減や悪化の防止に努めます。また要介護状態となることの予防のために、療養上の目標を実現するお手伝いをします。

 ご利用者の気持ちや今までの自分らしいくらしを大切にし、常にご利用者の立場に寄り添い、サービスの提供に努めます。

 訪問看護を行うにあたっては、ご利用者のお住まいの市町村、居宅介護支援事業者、地域包括支援センター、保健医療サービス及び福祉サービス事業者と連携を図ります。

 ご利用者やそのご家族のプライバシーを保護し、法令を守り、サービスを提供します。